NPB12球団ジュニアトーナメント2020

開催概要

大会名 NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2020
主催 一般社団法人日本野球機構、プロ野球12球団
特別協賛社 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
運営協力 公益財団法人全日本軟式野球連盟
協力 ナガセケンコー株式会社
NPBパートナー カルビー株式会社、株式会社コナミデジタルエンタテインメント、大正製薬株式会社、 日本生命保険相互会社、株式会社マイナビ、株式会社三井住友銀行、株式会社ローソン(50音順)
日程
12月29日(火) 大会1日目(予選6試合)※開会式なし
12月30日(水) 大会2日目(予選6試合)
12月31日(木) 大会最終日(決勝トーナメント/表彰式)
大会会場 明治神宮野球場、横浜スタジアム
放送 J SPORTS 3(BS/CS/ケーブルテレビ)、J SPORTSオンデマンド(LIVE配信)予定
出場チーム

パシフィック・リーグ

北海道日本ハムファイターズジュニアチーム (須永英輝監督)
東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアチーム (大廣翔治監督)
埼玉西武ライオンズジュニアチーム (星野智樹監督)
千葉ロッテマリーンズジュニアチーム (塀内久雄監督)
オリックス・バファローズジュニアチーム (塩崎真監督)
福岡ソフトバンクホークスジュニアチーム (帆足和幸監督)

セントラル・リーグ

読売ジャイアンツジュニアチーム (西村健太朗監督)
東京ヤクルトスワローズジュニアチーム (度会博文監督)
横浜DeNAベイスターズジュニアチーム (秦裕二監督)
中日ドラゴンズジュニアチーム (湊川誠隆監督)
阪神タイガースジュニアチーム (白仁田寛和監督)
広島東洋カープジュニアチーム (天谷宗一郎監督)

12チーム (※パ、セ本拠地所在地順)

チーム編成 各球団が推薦および編成したチーム。小学校5、6年生で編成される。
試合方法
トーナメント方式(TQB方式採用)
  • TQB(Total Quality Balance)2試合の結果から優位性の高いチームを選出
    1イニング平均得失点差による数値が高いチームが優位
  • ただし今年度は荒天等により変更になる場合もある
TQB方式について

決勝トーナメントチーム選出方法

  • 2勝0敗 3チーム ⇒ TQB方式で数値が高い順に1位、2位、3位のシード順を決定
  • 1勝1敗 6チーム ⇒ TQB方式で最も高い数値のチームをワイルドカードして1チーム選出

ワイルドカード進出チーム選出方法

下記算式を用いて、1勝1敗6チームの2試合の試合結果を元に、数値が高い1チームをワイルドカードに選出
<算出方法>
(総得点÷イニング数)-(総失点÷イニング数)=最も数値が高い1チームをワイルドカードに選出

全試合に勝敗付け

  • 同点時 ⇒ タイブレーク方式の採用(タイブレークのイニングはTQBの計算には含まない)
  • コールドゲームの採用(5回以降7点差の場合)

決勝トーナメント進出チームのアドバンテージ

  • 2勝0敗 3チームのTQB1位チームとワイルドカード進出チームが準決勝第1試合で対戦とする。
  • TQB方式による優位性の高いチームが先攻・後攻の決定権を有する
    (例)「TQB① vs Wild C」 ⇒TQB①に決定権有/「TQB② vs TQB③」⇒TQB②に決定権有
    ※ただしワイルドカードで進出したチームには本優先権はない。
試合球

全日本軟式野球連盟公認球(軟式J号)