ドラゴンズニュース

2018年ナゴヤドーム新座席およびレギュラーシーズン・オープン戦の座席・料金を発表

2018/1/29

2018年にナゴヤドームで開催するレギュラーシーズン公式戦入場券における料金、試合ごとに設定するゲームカテゴリ(プレミアム/スタンダード/バリュー)、発売日、および購入方法についてお知らせいたします。

また3月開催のオープン戦についても、料金、発売日など詳細をご案内いたします。

今年も新座席が2種類デビュー

昨年登場した「パノラマパーティテラス12」は、おかげさまで大好評をいただきました。
一方、「このような席を内野にも設けてほしい」「定員12人は多すぎるが定員3~5人(バラエティ・テラスシート、リビングボックス)では少ない」というご要望もいただきました。

そこで5階内野席(パノラマA)最上部に定員10人の「パノラマわいわいテラス10(じゅう)」を新設します。
もうひとつは「でら楽ペアシート③」こちらも大好評の「でら楽ペアシート」を新たに3塁側内野Aエリアに増設して、よりリーズナブルにご提供いたします。

パノラマわいわいテラス10

公式戦4月3日(火) デビュー

パノラマわいわいテラス10イメージ図

5階内野席1塁側のみ、全4セット。
死角がないので選手の動きなど試合展開がよくわかります。中規模グループでわいわい楽しみながら観戦できます。

10席1セット(公式戦価格、税込み)
プレミアム スタンダード バリュー
一般/FC会員
35,000円
一般/FC会員
30,000円
一般/FC会員
25,000円

(おとな、こども同額)

でら楽ペアシート③

公式戦4月3日(火) デビュー

でら楽ペアシート3イメージ図

3塁側内野Aの一角を改修して24セット48席を設けます。
ドリンクホルダーの使い勝手の良さ、全区画通路側というメリットは変わらず、リーズナブルにご利用いただけます。

既設の「でら楽ペアシート」について、3塁側内野Sエリアは「でら楽ペアシートS」、1塁側は「でら楽ペアシート①」と改称します。いずれも料金は据え置きます。

NEW でら楽ペアシート③/2席1セット(公式戦価格、税込み)
プレミアム スタンダード バリュー
一般/FC会員
12,000円
一般/FC会員
12,000円
一般/FC会員
9,000円

(おとな、こども同額)

でら楽ペアシートS/2席1セット(公式戦価格、税込み)
プレミアム スタンダード バリュー
一般/FC会員
14,000円
一般/FC会員
14,000円
一般/FC会員
11,000円

(おとな、こども同額)

でら楽ペアシート①/2席1セット(公式戦価格、税込み)
プレミアム スタンダード バリュー
一般/FC会員
14,000円
一般/FC会員
14,000円
一般/FC会員
11,000円

(おとな、こども同額)

座席の使い勝手向上

お客さまからお寄せいただくご要望には新座席のほかに、通路に面して出入りしやすい座席を買いたい、というものが圧倒的に多くなっております。そのご要望におこたえし1塁側内野A席の一角で座席を一部撤去して、出入りしやすいように通路を増設いたします。エグゼクティブエリア以外では初の試みです。

料金

昨年導入した「バリアブルプライス」を今年も継続します。

人気カード、スペシャルイベント開催やユニホームを配布する試合など「プレミアム」(9試合)、平日開催日の中でも大幅にお値打ちとなる「バリュー」(9試合)、それ以外の49試合は「スタンダード」に設定します。各価格は据え置きます。また公式ファンクラブ有料会員の割引価格も据え置きますのでお求めやすさは変わりません。

発売日

公式戦では、球団公式チケットサイト「ドラチケ」ご利用の公式ファンクラブ有料会員であれば2月24日()から【ベーシック(無料)会員は3月2日(金)から】、一般販売は3月3日()から、ホーム開幕3連戦の対巨人戦と4月10日からの対ヤクルト3連戦の2カード6試合を発売いたします。

以降のカードは、3月10日(ファンクラブ有料会員)、3月16日(同ベーシック会員)、3月17日(一般)から隔週ごとに2カードずつ発売いたします。

発売開始時刻は、ドラチケが有料会員・ベーシック会員とも午前11時、一般販売は午前10時です。
星野仙一元監督の追悼試合となる3月3日()対東北楽天戦を皮切りに、ナゴヤドームで8試合行うオープン戦は、2月10日午前10時から全国一斉に発売いたします。

その他

ドラチケをフィーチャーフォン(ガラケー)からご利用いただく場合、本年度からクレジットカードによるチケット代金のお支払いができなくなります()。パソコン・スマートフォンからご利用の場合は引き続きお支払いいただけます。

クレジットカード情報の非保持化に関する当局の指針にフィーチャーフォンが対応できないため