ドラゴンズニュース

星野仙一氏が逝去

2018/1/6

現役時代は中日ドラゴンズのエースとして活躍、闘志あふれるピッチングで146勝を挙げ、引退後も中日ドラゴンズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を歴任、ドラゴンズでは88年と99年に2度のリーグ優勝へ導いた星野仙一氏が1月4日に逝去されたと株式会社楽天球団が1月6日に発表しました。

星野氏は2017年6月3日の楽天戦(ナゴヤドーム)で2000安打を達成した荒木選手へ花束を贈呈、また同年には野球殿堂入りを果たしました。

「燃える男」、「闘将」として常に熱く、野球に情熱を捧げた星野仙一氏へ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

白井文吾オーナーのコメント

突然の訃報に接し、ただただ驚いています。現役時代の闘志あふれるピッチングに歓声を上げ、監督としての手腕に称賛を贈った一人として悲嘆にくれています。阪神、楽天でも指導者を務め、球界を代表する野球人となった星野君は名古屋の宝です。活躍を見守り続けた地元のファンも同じように悲しんでいるでしょう。最近はお会いする機会がありませんでしたが、新聞やテレビを通じ、元気そうな姿を拝見していました。昨年、野球殿堂入りを果たし、これからも球界を引っ張る存在だと期待していました。心よりご冥福をお祈りします。

矢野博也社長のコメント

「野球殿堂入りを祝う会」で晴れやかなお姿を見ていただけに訃報を聞いて驚きました。名古屋にお見えになられた時は必ず「ドラゴンズ頑張れ」と励ましていただいていたのに本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします。

森繁和監督のコメント

1か月前に野球殿堂入りパーティーでお会いしたばかりですし、あまりに突然のことで驚いています。一緒に同じチームのユニフォームを着ることはなかったのですが、いろいろなつながりで話をさせていただきました。私がドラゴンズの監督になってからもドラフトなどでお会いするたびに「中日を頼むぞ」と声をかけていただきました。先日の殿堂入りパーティーでは私がドミニカ共和国へ行っていると思っていたようで「来てくれてありがとうな」と話をさせていただいたのが最後の会話となってしまったことが残念です。心からご冥福をお祈りいたします。

岩瀬仁紀投手のコメント

急なことでびっくりしています。12月にお目にかかった時はお元気そうだったので、信じられない気持ちです。星野さんには、野球の面でプロの世界の厳しさを教えていただき、野球人として成長できたので感謝の気持ちしかありません。ご冥福をお祈りいたします。

荒木雅博選手のコメント

ドラフト指名していただいたのも、2000本安打達成の花束をいただいたのも星野さんで、節目節目で大変お世話になった方なので、とにかく寂しい気持ちでいっぱいです。ご冥福をお祈りいたします。